iPhoneが熱い! | iphoneの電池交換 ならスマコレ smacolle

熱い太陽

iPhoneトラブルとして、熱くなったiPhoneの間違えた冷まし方や、正しく安全に冷ます方法、iPhoneが熱くなると起こりうる弊害とは何でしょうか?。
間違った冷やし方をしてしまうと、最悪iPhoneをこわすことになるので要注意です。

特に夏場になったら以下のような取扱はしないようにしてください。
・車のダッシュボードで、直射日光が当たった状態で長時間ナビとして使用する
・車内に長時間放置する
・窓辺等の直射日光があたる場所にiPhoneを放置する
・iPhoneが入っている手荷物を気温の高い場所に放置する(ビーチ等)
・室温が高い中でiPhoneを充電したまま放置する
・長時間3Dゲームを充電しながら遊び続ける
・iPhoneが熱くなると起こりうる弊害

iPhoneの本体温度が35度以上になってしまうと、以下の様な様々な弊害が起こる可能性があります。
外気温が35度では無く、本体温度が35度の点に注意が必要です。

iPhoneの充電中に限度の温度を超えてしまうと、システムメッセージが表示されます。
そして充電が出来ない状態になります。

iPhoneが限度の温度を超えてしまうと、警告メッセージが表示され、画面の明るさが暗くなったり、場合によっては完全に消える場合があります。

iPhoneで通話をしていると、自動で低電力モードになる場合があります。
低電力モードでは、電波が弱くなる場合があります。

iPhoneのカメラのフラッシュ機能をオンにしても、フラッシュが使用できなくなる場合があります。
●間違った冷却方法
冷蔵庫・冷凍庫に入れる
氷枕や保冷剤の上に置く
水に入れる
水気のある物で冷やす
絶対にこういった行為はしないようにしてください。

●正しい冷却方法
扇風機に当てる
日陰に置く
温度が低い部屋に移動する
iPhoneの使用を控える
これでひたすら待つ事です。
空気を使って冷やす方法(空冷)がおすすめです。
エアコンは、設定温度が低すぎると内部に水滴が付着する可能性もありますし、急激に冷やしてしまう可能性もあるので危険です。
●ケース
iPhoneケースの素材によっては、熱の放熱がうまくできないものもあります。
特に樹脂製やプラスチック製は熱が篭もりやすく、本体温度が上がりがちになります。
夏場はケースを外すか放熱性の高い素材で出来たケースを装着することが良いです。

 

smacolle-logo
iPhone のことでお困りの場合は smacolle までお気軽にお問い合わせください。
smacolle のスタッフが困っておられるお客様の立場になって,親身にトラブル解消のお手伝いをさせていただきます。皆様の iPhoneライフ の充実を願っています。 

【スマコレ修理3つのメリット】
①早い 修理時間 最短10分~
②安い Appleストアより安い 修理価格全国最安レベル
③安心の3ヶ月保証
修理完了後3ヶ月以内にパーツの不具合が出た場合は無償で交換。 

【フロントパネル修理について】
iPhone のフロントパネルは(ガラス部分、液晶画面)は衝撃に非常に弱く、
落としたり、踏んでしまうとガラスが割れてしまいます。
タッチパネルがきかない、画面が割れたなどは、ディスプレイ交換修理が必要です。
壊れたまま使用していると、その他パーツに影響を及ぼし、修理価格がかさんだり
修理自体ができなくなるなど、状況が悪化しますので、早めの修理が必要です。
iPhone のディスプレイ修理については、当店で最も修理の多い症状です。
修理時間については、最短10分から最長でも1時間以内で修理可能です。
※事前予約頂くとスムーズに修理できます。 

対応機種
iPhone4s、iPhone5、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6s

・iPhone修理、iPhone販売 smacolle スマコレ 店舗一覧

http://smacolle.jp/shoplist/

関連記事

smacolle店舗一覧
ページ上部へ戻る