iPhone「再起動」と「リセット」の使い分け | iphone5 修理 データ ならスマコレ smacolle

電源ボタン

動作が遅くなった時、画面が固まった、動作がおかしい。

こんなトラブルに見舞われた時に定番の修理方法である
「再起動」と「リセット」があります。
この呼び名の違い通り、この2つには違いがあることをご存知でしょうか?

これも使い分けなければ、これが原因で余計修復がわからなくなり困難になることもあるのです。
トラブルに応じて使い分けるようにしましょう。
リセットは最期の手です!。まず再起動をためしましょう。
意外に再起動しただけで、簡単に直ってしまうことも多いです。
慌ててリセットをしないで、再起動をしましょう。

ではどういった時に再起動をするのか?。「iPhone の動きが遅くなった気がする・・・」「iPhone の動作がおかしい」等の症状の場合に再起動を試しましょう。

アプリの動作が不安定、固まった時に、マルチタスク画面からアプリを終了させましょう。
ホームボタンを2回連続して押すのです。

しまし、動作が不安定で解決シない場合は先に作業中のデータを保存します。
それからiPhone を再起動をしましょう。

再起動の手順としては、まず再起動する前に使っているアプリを確認し、作業中のデータをすべて保存しましょう。

それから、ホーム画面に戻って iPhone の上部の電源ボタンを長く押しましょう。
電源オフ すると画面に「スライドで電源オフ」というバーが現れます。

この時に電源ボタンから指を離します。

バーを右にスライドして指を離すと、電源がオフになります。
再び電源ボタンを押すと Apple のロゴマークが表示され、iPhone の電源がオンに戻ります。これが「再起動」です。

リセットはどういった事かというと、「PC の強制再起動」と同じようなものと思って貰えれば良いと思います。データを消す行為ではありません。

リセットをする症状とは、iPhone がまったく操作を受け付けなくなった時に試して下さい。

例としては「ホームボタンを押してもホーム画面に戻らない」「電源ボタンを押しても画面が消えない」「再起動できない」等の症状です。

上記の症状出ない場合は、アプリの終了・再起動を試して下さい。

smacolle-logo
iPhone のことでお困りの場合は smacolle までお気軽にお問い合わせください。
smacolle のスタッフが困っておられるお客様の立場になって,親身にトラブル解消のお手伝いをさせていただきます。皆様の iPhoneライフ の充実を願っています。 

【スマコレ修理3つのメリット】
①早い 修理時間 最短10分~
②安い Appleストアより安い 修理価格全国最安レベル
③安心の3ヶ月保証
修理完了後3ヶ月以内にパーツの不具合が出た場合は無償で交換。 

【フロントパネル修理について】
iPhone のフロントパネルは(ガラス部分、液晶画面)は衝撃に非常に弱く、
落としたり、踏んでしまうとガラスが割れてしまいます。
タッチパネルがきかない、画面が割れたなどは、ディスプレイ交換修理が必要です。
壊れたまま使用していると、その他パーツに影響を及ぼし、修理価格がかさんだり
修理自体ができなくなるなど、状況が悪化しますので、早めの修理が必要です。
iPhone のディスプレイ修理については、当店で最も修理の多い症状です。
修理時間については、最短10分から最長でも1時間以内で修理可能です。
※事前予約頂くとスムーズに修理できます。 

対応機種
iPhone4s、iPhone5、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6s

・iPhone修理、iPhone販売 smacolle スマコレ 店舗一覧

http://smacolle.jp/shoplist/

関連記事

smacolle店舗一覧
ページ上部へ戻る