画面が急に回転しなくなった | iphone 画面の修理 ならスマコレ smacolle

合体した2種類のりんご

iPhoneの本体の向きを変えると自動的に画面が回転します。
しかし、持ち主が意識していない間に「回転ロック」がかかり、回転できなくなってしまうことがたまにあります。
回転ロックされた時の画面上部には「回転ロックアイコン」が表示されるので、それを確認しましょう。

●回転ロックアイコン

ios6の場合の「回転ロック」のオン・オフの切り替えは、本体下部の丸いボタン(ホームボタン)を2回連続で押しましょう。
そうして表示された「マルチタスク」を右にスライドしましょう。
スライドすることによって、回転ロックと(曲再生)コントロールが出現します。
この時に左のロックボタンを押すと、回転ロックのオン・オフが可能になります。
●回転ロックボタン

iOS7 の場合は、画面下部を上にフリックしましょう。
「コントロールセンター」が出てきます。
回転の オン・オフ はその右上の部分にあります。

なお、iPhone の上部側面のつまみは消音(マナーモード)のボタンであり、その機能を変更することは不可能です。

smacolle-logo
iPhone のことでお困りの場合は smacolle までお気軽にお問い合わせください。
smacolle のスタッフが困っておられるお客様の立場になって,親身にトラブル解消のお手伝いをさせていただきます。皆様の iPhoneライフ の充実を願っています。 

【スマコレ修理3つのメリット】
①早い 修理時間 最短10分~
②安い Appleストアより安い 修理価格全国最安レベル
③安心の3ヶ月保証
修理完了後3ヶ月以内にパーツの不具合が出た場合は無償で交換。 

【フロントパネル修理について】
iPhone のフロントパネルは(ガラス部分、液晶画面)は衝撃に非常に弱く、
落としたり、踏んでしまうとガラスが割れてしまいます。
タッチパネルがきかない、画面が割れたなどは、ディスプレイ交換修理が必要です。
壊れたまま使用していると、その他パーツに影響を及ぼし、修理価格がかさんだり
修理自体ができなくなるなど、状況が悪化しますので、早めの修理が必要です。
iPhone のディスプレイ修理については、当店で最も修理の多い症状です。
修理時間については、最短10分から最長でも1時間以内で修理可能です。
※事前予約頂くとスムーズに修理できます。 

対応機種
iPhone4s、iPhone5、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6s

・iPhone修理、iPhone販売 smacolle スマコレ 店舗一覧

http://smacolle.jp/shoplist/

関連記事

smacolle店舗一覧
ページ上部へ戻る