仕事場をでたら「洗剤を買う」をiPhoneに教えてもらいましょう | アップル 故障 電話 ならスマコレ smacolle

call out

会社を出たらプライベートの電話をする習慣がある人にうってつけの方法です。
iPhoneのリマインダーには「場所」という項目があります。これを使うと、「ここに着いた」「ここから出た」時にリマインダーを鳴らしてもらうことがなんと!可能です。

リマインダーを作ったら、右端の「i」マークをタップして詳細設定を行います。

「指定場所で通知」という項目があるので、これをオン(緑)にしましょう。

続いて場所の指定のために「場所」をタップします(デフォルトでは現在地の場所)。

これを任意の場所を検索して指定します。

「到着時」にすると、青い円の中に入った時にリマインダーが鳴ります。

逆に「出発時」にすると、この青い円から出た時にリマインダーが鳴ります。

会社を出た、も、家の近くに来た、も、どちらも設定可なわけです。

一度設定しておけば後は何も考えなくてもリマインダーが教えてくれると言うわけです。

これによって、位置情報(GPS)情報が常にオンになるのですが、リマインダーでは「ジオフェンス」と呼ばれる位置情報を取り扱っています。

地図などは常に正確な位置を把握するため、GPS情報を受け取り続けるのですが、これではバッテリーがかなり危険です。

ジオフェンスはおおまかな領域で「この辺」の位置を使うため、GPS確認の頻度が減り、バッテリーの消費を抑えることができるのです。

リマインダーの場所指定が青い円になっているのはそのためです。

「この辺に来たら」で位置を把握してるというわけです。

smacolle-logo
iPhone のことでお困りの場合は smacolle までお気軽にお問い合わせください。
smacolle のスタッフが困っておられるお客様の立場になって,親身にトラブル解消のお手伝いをさせていただきます。皆様の iPhoneライフ の充実を願っています。 

【スマコレ修理3つのメリット】
①早い 修理時間 最短10分~
②安い Appleストアより安い 修理価格全国最安レベル
③安心の3ヶ月保証
修理完了後3ヶ月以内にパーツの不具合が出た場合は無償で交換。 

【フロントパネル修理について】
iPhone のフロントパネルは(ガラス部分、液晶画面)は衝撃に非常に弱く、
落としたり、踏んでしまうとガラスが割れてしまいます。
タッチパネルがきかない、画面が割れたなどは、ディスプレイ交換修理が必要です。
壊れたまま使用していると、その他パーツに影響を及ぼし、修理価格がかさんだり
修理自体ができなくなるなど、状況が悪化しますので、早めの修理が必要です。
iPhone のディスプレイ修理については、当店で最も修理の多い症状です。
修理時間については、最短10分から最長でも1時間以内で修理可能です。
※事前予約頂くとスムーズに修理できます。 

対応機種
iPhone4s、iPhone5、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6s

・iPhone修理、iPhone販売 smacolle スマコレ 店舗一覧

http://smacolle.jp/shoplist/

関連記事

smacolle店舗一覧
ページ上部へ戻る