パソコンに接続しても iTunes でバックアップが作成されない | iphone 修理 無料 ならスマコレ smacolle

hdd

iPhone や iPod touch、iPad をパソコンに接続したら勝手にiTunes によって自動バックアップが作成されます。
ところが、何かしらの「出来なかった」メッセージが表示され、バックアップが作成され無くなってしまうときがあるのです。

色々対処方があるので試してみましょう。

●iPhoneを再起動させます。iPhone 側のエラーでバックアップが行えない時が「セッションを開始出来ない」 というメッセージの時です。
この場合はスリープボタン(電源ボタン)を長押しして電源を切り、本体を再起動すれば治るでしょう。
これは本体の容量がわずかな状態でバックアップをした場合に起こる事が多いようです。

本来ならこれで直ると思いますが、残念なことに本体にエラーが生じている場合、再起動が正常に行えない場合があります。 この時には、「リセット」をします。

●古いバックアップデータが原因
古いバックアップデータが壊れているか、何かの問題で読み込めない場合にこの問題が起こる場合です。
この時は、次の方法で古いバックアップデータを削除する事で直ることもあります。
①iTunes の「編集」の中にある「設定」を選びます。
②上にあるアイコンから「デバイス」を選択しましょう。
③「デバイスのバックアップ」の一覧が表示させましょう。
④問題のある本体のバックアップデータを選択し「削除してバックアップ作成」のボタンを押します。
⑤削除後、改めて本体を繋げてバックアップが正常に行われるかどうか試してみましょう

⑥本体を繋げている場合は、本体名を右クリックすれば「バックアップ」の項目があるのでそれを選択します。

以上でバックアップが正常に作成されれば、問題は復旧しています。

これでもダメな場合は
アンチウィルスソフトが邪魔をしている
iTunes の管理者権限のないアカウントで Windows にログインしている
などの問題が考えられます。

 

smacolle-logo
iPhone のことでお困りの場合は smacolle までお気軽にお問い合わせください。
smacolle のスタッフが困っておられるお客様の立場になって,親身にトラブル解消のお手伝いをさせていただきます。皆様の iPhoneライフ の充実を願っています。 

【スマコレ修理3つのメリット】
①早い 修理時間 最短10分~
②安い Appleストアより安い 修理価格全国最安レベル
③安心の3ヶ月保証
修理完了後3ヶ月以内にパーツの不具合が出た場合は無償で交換。 

【フロントパネル修理について】
iPhone のフロントパネルは(ガラス部分、液晶画面)は衝撃に非常に弱く、
落としたり、踏んでしまうとガラスが割れてしまいます。
タッチパネルがきかない、画面が割れたなどは、ディスプレイ交換修理が必要です。
壊れたまま使用していると、その他パーツに影響を及ぼし、修理価格がかさんだり
修理自体ができなくなるなど、状況が悪化しますので、早めの修理が必要です。
iPhone のディスプレイ修理については、当店で最も修理の多い症状です。
修理時間については、最短10分から最長でも1時間以内で修理可能です。
※事前予約頂くとスムーズに修理できます。 

対応機種
iPhone4s、iPhone5、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6s

・iPhone修理、iPhone販売 smacolle スマコレ 店舗一覧

http://smacolle.jp/shoplist/

関連記事

smacolle店舗一覧
ページ上部へ戻る