iPhone6の発売日2014年9月19日(予定)まで間もなく!ios8の機能とは? | iphone水没修理代apple ならスマコレ smacolle


iPhone6の背面カメラ(iSight)は、1300万画素になると噂されており、動画も4K解像度で撮影可能となっています。
最近話題の4K解像度とはどういったものかというと、横4,000×縦2,000前後の解像度に対応した映像に対する総称で、フルHD(1920×1080)の4倍の解像度となります。
その結果、
iPhone6が発売されると、大きなビデオカメラで子供の運動会を撮影するシーンが無くなる事になりそうです。

5.5インチモデルのiPhone6の発売日が来年に延期されている理由は、今年中の発売に間に合わないとも言われていると言われていきましたが、そうではなく、アップルが両モデルの競争回避を狙っているとの新情報があります。
何でも2013年にiPhone5sと5cの同時発売のときのような失敗を繰り返したくないための設定だとも言われて言います。

つい最近おこなわれたアップル「WWDC14」(2014年6月3日日本時間2:00より開幕された)の基調講演ですが、iPhone6の製品発表は行われませんでした。
ここでは、iPhone6に関与し、WWDC14でも注目されたiOS8についての記事となります。
iOS8は秋に一般公開、iPhone4s以降のモデルでアップデート可能になります。

●HomeKit(ホームキット)機能
iPhoneを通して家電を操作できるようにする機能です。
電気のON・OFFはSiriに「消して」と言えば消えるという未来的な操作性となります。

●HealthKit(ヘルスキット)機能
iPhoneで簡単に健康管理できるようにする機能です。
各企業がリリースしているフィットネス系アプリなどの情報を一元管理するとが可能となります。

●外部キーボードが使用可能
AtokやGoogle日本語入力など外部キーボード入力サービスが使用可能となります。

●通知センター機能が強化
プッシュ通知が溜まるアーカイブです。facebook等に届いたメッセージを、通知センターから直接返信することが可能となります。
ウィジェットの追加もできるようになります。

 

smacolle-logo
iPhone のことでお困りの場合は smacolle までお気軽にお問い合わせください。
smacolle のスタッフが困っておられるお客様の立場になって,親身にトラブル解消のお手伝いをさせていただきます。皆様の iPhoneライフ の充実を願っています。 

【スマコレ修理3つのメリット】
①早い 修理時間 最短10分~
②安い Appleストアより安い 修理価格全国最安レベル
③安心の3ヶ月保証
修理完了後3ヶ月以内にパーツの不具合が出た場合は無償で交換。 

【フロントパネル修理について】
iPhone のフロントパネルは(ガラス部分、液晶画面)は衝撃に非常に弱く、
落としたり、踏んでしまうとガラスが割れてしまいます。
タッチパネルがきかない、画面が割れたなどは、ディスプレイ交換修理が必要です。
壊れたまま使用していると、その他パーツに影響を及ぼし、修理価格がかさんだり
修理自体ができなくなるなど、状況が悪化しますので、早めの修理が必要です。
iPhone のディスプレイ修理については、当店で最も修理の多い症状です。
修理時間については、最短10分から最長でも1時間以内で修理可能です。
※事前予約頂くとスムーズに修理できます。 

対応機種
iPhone4s、iPhone5、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6s

・iPhone修理、iPhone販売 smacolle スマコレ 店舗一覧

http://smacolle.jp/shoplist/

関連記事

smacolle店舗一覧
ページ上部へ戻る