「iOS 8」対応での今後の問題・既存アプリの行方は? | iphone 修理 データ ならスマコレ smacolle

機械的な6

世界が注目する中、ついに「iOS 8」が米国時間9月17日に提供開始されました。

数週間で、このOSは世の中の「iPhone」と「iPad」の大多数で稼働することになることでしょう。
開発者はこれからも、急ぎ開発を進めていなければならないのです。
しかし、iOS 8は「iOS 7」から大きく変わっており、さまざまな新機能が提供されることになりました。そのことについて、アプリパフォーマンス管理ソリューションを手がけるCrittercismの最高経営責任者(CEO)であるAndrew Levy氏は、この新しいリリースは開発者に不安を抱かせていると述べ、特に懸念される5つの問題を挙げた。
●カスタマイズ機能・柔軟性の向上による開発側の弊害
iOS 8には新しいAPIが4000もあり、これは開発者にとっては、初期開発とテスト段階だけでなく、リリース後にも間違いなく問題となりうる。
●クラウドへの重要性
iOSの新機能の多くが、「iCloud」との接続、ネットワーク、同期といった機能がメイン、いや、頼っています。このことによって、クラウドサービスの信頼性がさらに求められるだけではなく、新たにパフォーマンスの最適化について考慮する必要があることも簡単に推測される。
●モノのインターネット・IoT「Internet of Things」
今回新たに「HomeKit」と「HealthKit」の両方が追加されたことにより、iOS 8を搭載したiPhoneとiPadは、これまでになくさらに多くのデバイスに接続することとなるでしょう。そのためにiPhoneやiPadに接続するデバイスから、そのデバイスとやりとりするアプリにいたるまで、すべてがシームレス(継ぎ目なく・違和感無く)でなければならない。
●新しいデバイスのサポート
iPhoneが新しくなった事により、アプリ開発者は、新しいOSの事だけを考えるだけで済まなくなる。
デバイスの機能も十分に活用したアプリをリリースするための競争に身を置くことが必至条件となる。
●新プログラミング言語「Swift」の登場
「Cocoa」および「Cocoa Touch」向けのAppleの新プログラミング言語Swiftは、9日にバージョン1.0がゴールデンマスター(GM)版に到達した。新しいプログラミング言語の登場により、開発者はその言語に慣れ、適応していかなければならない。

今後のiPhone6のその急激なデバイスの広がりに、開発者は対応していかなければならなくなる。

 

smacolle-logo
iPhone のことでお困りの場合は smacolle までお気軽にお問い合わせください。
smacolle のスタッフが困っておられるお客様の立場になって,親身にトラブル解消のお手伝いをさせていただきます。皆様の iPhoneライフ の充実を願っています。 

【スマコレ修理3つのメリット】
①早い 修理時間 最短10分~
②安い Appleストアより安い 修理価格全国最安レベル
③安心の3ヶ月保証
修理完了後3ヶ月以内にパーツの不具合が出た場合は無償で交換。 

【フロントパネル修理について】
iPhone のフロントパネルは(ガラス部分、液晶画面)は衝撃に非常に弱く、
落としたり、踏んでしまうとガラスが割れてしまいます。
タッチパネルがきかない、画面が割れたなどは、ディスプレイ交換修理が必要です。
壊れたまま使用していると、その他パーツに影響を及ぼし、修理価格がかさんだり
修理自体ができなくなるなど、状況が悪化しますので、早めの修理が必要です。
iPhone のディスプレイ修理については、当店で最も修理の多い症状です。
修理時間については、最短10分から最長でも1時間以内で修理可能です。
※事前予約頂くとスムーズに修理できます。 

対応機種
iPhone4s、iPhone5、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6s

・iPhone修理、iPhone販売 smacolle スマコレ 店舗一覧

http://smacolle.jp/shoplist/

関連記事

smacolle店舗一覧
ページ上部へ戻る